スポンサードリンク

お茶の水はかせ 自宅で5分、ほうれい線を改善

投稿日:

2月23日、お茶の水はかせでは、毎日、自宅で5分、
ほうれい線んを改善する方法を紹介していました。

中高年になると、男性女性問わず、頬が垂れさがってきます。
これが、ほうれい線を作り出します。

ほうれい線があると、どうしても老け顔になりますね(>_<)

これは、現役歯科医、宝田恭子さんが考えた方法で、
宝田先生は、タカラッコなどを開発した、53歳とは思えないほど
若々しい女医さんです。

宝田恭子開発☆タカラッコ/フェイシャルシェイプローラー

本日放送のお茶の水はかせでは、宝田先生がこのほうれい線を
改善するマッサージ方法を詳しく紹介していました。

このマッサージは、歯ブラシを使います。

まずは、ほうれい線をほぐすストレッチです。

以下の方法を、順番に朝晩2回繰り返します。

歯ブラシの背で頬の内側の汚れた粘液をこそげとるように、
上下に動かします。
これを左右何回か繰り返します。

歯ブラシを強く吸う。
歯ブラシを口に入れ、それを思い切り吸います。

歯ブラシの背で、頬の内側の粘膜を押します。
頬が飛び出してきますから、それを、外側の頬から、
手でトントンと軽く叩きます。

口の中に手を入れ、頬を伸ばし、頬の内側と外側を
マッサージします。

これを、朝晩繰り返すことで、ほうれい線の改善につながると
言うことです。

歯ブラシ1本で、ほうれい線が改善出来たら、いいですね♪

スポンサードリンク