スポンサードリンク

治らない便秘 松本明子便秘改善プロジェクト たけしの家庭の医学

投稿日:

たけしのみんなの家庭の医学(4月19日放送)は、
治らない便秘の正体が明らかに!

38年間便秘で苦しんできた松本明子さんが、この
改善プロジェクトに臨んで、見事に便秘が解消されます。

以前、他の番組でスーパー便秘を治す方法が紹介されましたが、
このスーパー便秘とは、直腸性便秘のことでした。
このスーパー便秘を治すのは、風船療法でした。

たけしのみんなの家庭の医学の、治らない便秘とは、
どうやら、腸にコブのような膨らみができて、そこに便が
溜まってしまうようです。

腸にできた瘤によって、便がスルッとでなくなってしまうの
ですね。これは、老化や出産によって、直腸と膣との間の
壁が薄くなり、いきんだときに、コブが出来てしまいます。

この瘤ができるのは、排便する時の「いきみ」です。
いきんだ時だけ、直腸の壁が膣の方に膨らみ、瘤ができると
言うことです。

この直腸瘤による便秘は、どのように改善するのか・・・
これは、患者さんによって色々ですが、膣の中に指を
入れて、一時的に瘤を引っ込めて、排便する人もいるとか。

いやはや、こうなるともう便を出すためには、何でも
しなければならないようです。

便秘で手術するはめになったと言う話も聞きます。たかが
便秘、されど便秘。

東京の順天堂大学便秘外来の小林先生のもと、松本明子さんと
主婦の方が、どうやって改善するのか要チェックです。

松本明子さんの重度の便秘対策は、お腹をツイストする
こと。それとともに、整腸剤と便を軟らかくする薬と
腸の動きを活発にする薬を飲みます。

食事は、何を食べても良いのですが、繊維質の多い食事の他、
発酵食品を積極的に摂ると良いようです。

たった20日間の便秘改善プロジェクトで、松本明子さんの
38年間苦しんだ便秘が治ったと言うから、便秘で苦しんで
いる人は、順天堂大学便秘外来の小林先生を訪ねてみて
下さい。

スポンサードリンク