スポンサードリンク

花粉症 には 背中 の ツボ押し が効く

花粉症対策は、飛散が始まってからでは遅いと言われています。
今から、 花粉症 に効果があると言われている 乳酸菌 の摂取と ツボ押し で早めの対策を。

花粉症 で悩む人の中には、胃腸の働きが悪く、水分代謝が良くない人が多いそうです。

東洋医学 では、 ツボ を刺激して胃腸の働きを良くすると、余分な水分が排出されて、 花粉症 の症状が軽減すると言われています。

ツボ は、お腹の 中院 ( ちゅうかん )、 背中にある 膈兪 ( かくゆ ) 脾兪 ( ひゆ ) 胃兪 ( いゆ )です。

マッサージのやり方は、

手のひらでお腹をゆっくりなでおろします。
花粉症 の人は、胃腸の周辺が冷たいことが多いので、寝る前に布団の中で胃からおへそに向かって手のひらでゆっくりなでおろすとじんわり温まってきます。

仰向けになり、ゴルフボールで背中のツボを刺激します。
ゴルフボールを4個を正方形になるように、タオルでくるみ、その上に仰向けになって、体を少しずつずらします。
痛気持ちいいゾーンを探してゴリゴリと刺激します。

senaka.jpg

これを寝る前に毎日1分ずつ行います。
花粉 が飛散する2カ月前より始めると効果が出るようです。

お金も時間もかからない、ツボ押し。
試してみる価値がありそうです。
花粉症対策 は、色々ありますが、自分に一番あった方法を見つけられるといいですね。

スポンサードリンク