スポンサードリンク

新田恵利さんは乳がん?唾液で分かる 最先端手術 たけしの家庭の医学

乳がんは、今や女性の癌の死亡率1位の怖い病です。
女性16人に1人が乳がんに侵され、年間15000人もの人が
亡くなっていると言うから、乳がん検診は欠かせませんね。

011.jpg

最近では、「唾液を調べればガンが分かる」と言う
画期的な検査もあるようで、全国の女性は必ずチェックしたい
検査方法です。

いきなり痛いと噂のマンモグラフィーを行うより、まずは
唾液で調べることができたら、こんなに嬉しいことはありません。

たけしのみんなの家庭の医学では、おにゃんこの新田恵利さんと
ハリセンボンの2人が、乳がん検診に挑戦します。

そこで、なんと新田恵利さんに乳がんの疑いが???
新田さんのマンモグラフィの映像に、白い点々が映っていました。
新田さんの石灰化は、悪性の場合は、進行がんになるそうです。

こそで、再検査。圧迫版を使って、石灰化の位置を正確に
把握し、ハリを挿し、石灰化の組織を取り、悪性か良性かを
判断しました。

新田さんの石灰化は、良性でした。これは、ホルモンの影響で
石灰化したようで、このように石灰化しやすい人は、
1年に1回は検査をしたほうが良いと言うことです。

また、乳がんを体験した、山田邦子さんのお話は、体験者だけ
あって、心が詰まりますね。

乳がんは、全摘出と乳房の温存療法と、医師によって判断が
違ってくるだけに、慎重に結論を出さないといけないと思います。

切る必要がなかった癌や、温存したために再発して亡くなって
しまうケースなど、様々なケースがあります。

番組では、全摘出をした女性の胸が、全く元の通りに復元する
例も紹介され、癌で胸を失った方にとっては、嬉しいニュース
だと思います。

しかし、早期発見をすれば、五年後の生存率は、95%もあると
聞いて、なんかホットします。以前は治らないとされていた
乳がんも、今や完治する時代になっています。

乳がんの最先端治療も気になりますね。たけしのみんなの家庭の
医学は、全国の女性必見です。

スポンサードリンク