スポンサードリンク

目力メイク インライン アイメイクは目の病気をまねく

最近のメイクは、より目を大きく見せるためにインライン
メイクが主流になりつつあります。

インラインメイクは、アイラインを引く時、まつ毛の内側、
つまり皮膚ではなくて、粘膜の部分にアイラインを
引きます。

この粘膜に引くアイラインが原因で、目のトラブルを
起こす女性が増えています。

コンタクトレンズをしている方は、ドライアイになり
やすいのですが、インラインメイクをするとますます
ドライアイになりやすくなるので、コンタクトレンズを
使用している方は、要注意です。

と言うのは、まぶたの回りには、マイボーム腺と言う
脂肪を出す部分があり、これが目の乾燥を防ぐ役割を
しています。

ところが、アイライナーでこのマイボーム腺を塞いで
しまうと、目の乾燥を防ぐための脂肪が出なくなり、
ますますドライアイを起こしやすくなります。

また、インラインメイクは、目の粘膜にアイラインを
引くため、炎症を起こしやすくなります。

粘膜は、皮膚より弱く、炎症が起こりやすいのです。

炎症から結膜炎をおこし、角膜を傷つけ、重症になると
視力が低下します。

化粧品会社では、インラインメイクをするときは、
なるべく早めにメイクを落とすようにとアドバイスして
います。

スポンサードリンク