スポンサードリンク

老眼は治せる!? 目の老化を防ぐ方法 老眼手術 あさイチ

あさイチで、老化の特集をやっていました。
最近は、近眼と老眼が進み、遠くも見えない、近くも見え
ないで困っている私にとっては、参考になる内容でした。

その老眼を少しでも遅らせる方法があるようです。
それは、「活性酸素」抑えること!

老眼の原因である、水晶体を硬くしていることの1つに
「活性酸素」があります。

現時点では、活性酸素を完全に抑え、老眼を遅らせる
ことは出来ませんが、活性酸素を少しでも抑えることで、
老眼を遅らせることができます。

では、活性酸素はどうしたら抑えられるのでしょう。

喫煙や食べ過ぎ・飲み過ぎ、紫外線、過度な運動は
活性酸素を発生させる要因です。

ルテイン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、アスタキ
サンチンなどを多く含む食品を摂取するのも良いですね。

適度な運動は、活性酸素を抑える働きがあるそうです。

また、最近では、老眼を治す最新の手術も行われています。
これは、中央に小さな穴のあいた直径4ミリ位の老眼矯正
リングを目に入れる手術です。

ピンホール効果で、目に入ってくる光が細くなり、遠くにも
近くにもピントが合うようになります。

自分の手で小さな穴を作り、そこから覗くと文字がハッキリと
読めた経験をした方もいるのではないでしょうか。

しかし、この手術は、術後3カ月くらいするとドライアイの
症状がでる場合もあります。また保険が利きませんので、
手術費用は30万円くらいからと言うことです。

アサイチに出演していた慶應義塾大学医学部眼科の
坪田一男教授が手術を執刀している病院は、
「南青山アイクリニック東京」と
「みなとみらいアイクリニック」の2か所です。

老眼矯正リングを入れる手術の他、老眼の手術は、
モノビジョンレーシック、老眼用レーシック、
CK(伝導式角膜形成手術)、遠近両用眼内レンズなど、
数種類ありますが、一長一短ありますので、医師と良く
相談しましょう。

手術までは必要ない方は、遠近両用コンタクトレンズも
ありますので、一度試してみるのも良いですね。

老眼だけでなく、活性酸素は体の老化を速めると
言われています。活性酸素を抑えて、老化を遅らせたい
ものです。

スポンサードリンク