スポンサードリンク

ノックアウト型脳梗塞 薬 スロージョギング 動脈硬化予防 ためしてガッテン

ためしてガッテンでは、脳梗塞の中でも、特に死亡率が高く
助かっても重い後遺症が残りやすい「ノックアウト型脳梗塞」が
テーマ。

ノックアウトと言う響きからも、この世のお終いと言う怖い
イメージが伝わってきますね。

その原因は、血栓です。心臓で巨大血栓ができ、それが
脳に運ばれ、脳梗塞を起こすのです。不整脈や動脈硬化の
ある人は、心臓の中で血液が固まりやすいので要注意です。

フィブリンという血液凝固成分が、不整脈によってみるみる
凝固してしまい、大きな物は3センチにまでなるのだとか。
こんな大きな血栓が脳に運ばれたら、まずアウトですよね。

しかし、早期に発見し、血液を固まりにくくする薬を服用
すれば、リスクを抑えることができるようになってきました。

ワルファリンは、非常に効果がある薬ですが、使用するには
ちょっと癖があるそうです。

これに引き換え、今年の3月に開発されたばかりの新薬、
ダビラドガンは、使いやすい薬のようです。しかし、まだ
開発されたばかりの薬なので、また高齢者には使用して
いないそうです。

ワルファリンやダビラドガンなどの薬を服用していれば、
脳梗塞で亡くなったり、後遺症が出ることなく助かる人が
結構いるのが現実です。

また、不整脈や動脈硬化は、食事や生活習慣などを見直すと
改善する場合もありますので、気になる人は予防法もしっかり
マスターしましょう。

動脈硬化を予防・改善する最新の情報ですが、やっぱり運動が
一番と言うことが分かりました。運動によって血流を速くすると、
血管の内皮細胞が血流の流れに沿って整列し、動脈硬化を
起こしにくい血管になるようです。

008.jpg

血栓を作らないためには、動脈硬化や不整脈を起こさなければ
良い訳ですから、まずは、そちらを予防する運動がおススメだと
いうことになります。

運動のやり方を、メモします。

ガッテン流スロージョギングを1日30分、1週間やるだけでも
かなり効果が出ます。

ガッテン流スロージョギングは、歩くようなジョギングで、
鼻歌が歌える程度の速度で行います。

スロージョギングは、有酸素運動ですので、決して激しく
動いてはいけません。激しい運動は、反って動脈硬化を
悪化させることもあるようです。

スロージョギングが、ノックアウト型脳梗塞を予防し、
長生きする秘訣のようです。

スポンサードリンク