スポンサードリンク

糖尿病が完治する薬 インスリンの使用方法 ためしてガッテン

ためしてガッテンは、なんと2型糖尿病が治るかも
しれないと言う夢のような話題で、患者さんも糖尿病
予備軍の方も、必見の内容です。

以前から、2型糖尿病は、治らないとされていて、少しでも
進行を遅らせるために、厳しい食事療法やつらい運動など
生活が制限され、それでも血糖値が下がらなければ、薬を飲み
最後の手段として、インスリン注射が常識でした。

しかし、糖尿病に効果のある薬と言うのもあり、例えば
メトホルミン(メトグルコ、メルビン、グリコラン)等の
薬は、昔からある薬で、長期間服用しても安全だとされ、
膵臓から出たインスリンが体中で良く効くようになります。

また、糖尿病予備軍と呼ばれる糖尿病前段階(IGT)の人が
飲むと糖尿病の発症を抑えられると言われています。

ためしてガッテンでも、ある薬に注目し、この薬で
糖尿病になる前の状態に戻れることが判明したそうです。

誰もが知っているこの薬の正体を是非知りたいですね。
すると、すい臓の細胞が回復し、糖尿病を発病する以前の
体に戻れるのだそうです。

すい臓の中に入っているベータ細胞は、インスリンを分泌
してくれる大切な細胞です。このベータ細胞が悪くなると
糖尿病になるので、このベータ細胞に働きかける薬が
インスリン。

この薬は、意外な方法で使用します。糖尿病の人に
1日4回インスリンを補い、ベータ細胞を休ませることで、
ベータ細胞が復活して、糖尿病か回復するんです!

1日4回が大切。夜寝る前は、強めのインスリンを打ちます。

つまり、大量のインスリンを補い、一時ベータ細胞を休ませる
ことで、ベータ細胞を復活させ糖尿病を完治する方法なんです。
この治療は、数カ月から半年で効果があるそうです。

その後も、健康な状態をキープできると言うから、糖尿病の
方や特に糖尿病予備軍(IGT)と呼ばれるかたは、担当医に
大量インスリン投与の治療を申し出てみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク