スポンサードリンク

魔法の塩の作り方 ミスト式醤油砂差しで減塩生活 心臓の働きを回復させる

たけしのみんなの家庭の医学では、高血圧などによる
心臓の働きの低下が、内臓をむくませて、いずれ心不全を
招くという、怖いテーマでした。

心臓が弱ると、いろいろな臓器がむくみ始めます。

まず、肺がむくむと症状は、夜の咳となって現れます。
胃がむくむと、胃もたれに。肝臓がむくむと、重度の疲労感が
現れます。

このような症状は、心臓が弱わったことで、臓器がむくんでいる
状態です。

この状態を放っておくと、やがて心不全を起こし、突然死の
可能性も。

突然死を防ぐには、とにかく減塩し、心臓の働きを回復させること。

そこで、たけしのみんなの家庭の医学がおすすめするのは、
魔法の塩とミスト式醤油さし。

ミスト式醤油さしは、アトマイザーなどに、醤油を入れて、
必要以上に醤油をかけないようにするものです。

醤油が霧状にかかるので、とても少ない塩分でも、全体的に
味がつき、おいしく食べられるそうです。
ワンプッシュ約0.01gと、通常の醤油砂さしの30分の1に
なるそうです。

また、以前たけしのみんなの家庭の医学で、紹介され
話題になった魔法の塩。

前回は、和風のだしをミキサーで粉々にし、食卓塩に
混ぜるというもの。

材料は、
昆布9g、鰹6g、干し椎茸2g、食卓塩50g

和風のほか、洋風や中華の魔法の塩も作れます。

中華味は、干しエビと干しシイタケ、
洋風味は、ローズマリーと黒こしょうをどれも
ミルミキサーで粉々にして塩と混ぜます。

洋風の魔法塩の材料
ローズマリー8g・黒コショウ8g、食卓塩50g

中華の魔法塩の材料
干しエビ7g・干し椎茸3g、食卓塩50g

味のレパートリーも増えて、飽きることなく、減塩生活を
続けることができます。

塩分を6グラム以下に抑えると、なんと1週間で血圧が下がり
心臓の働きが回復するんだとか。

今、血圧が高めの人でも、減塩すれば、心臓は回復するそう
ですので、今からでも遅くはありません。

明日から、減塩生活ですね。

スポンサードリンク