スポンサードリンク

第三の脂肪 たまる原因 脂肪を取る体操 たけしのみんなの家庭の医学

たけしのみんなの家庭の医学は、第3の脂肪が話題。
一般的に知られている脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪。
この第3の脂肪は、それとも違う場所に溜まるようです。

では、その第三の脂肪はどこに溜まるのでしょう?
筋肉? そう、筋肉に溜まるのです。
dai3noshibou.jpg

この脂肪は、たった500グラムで命の危険を招くようで
痩せているから安心と言うわけにはいかないようです。

私は、痩せているのですが、更年期とともに中性脂肪が
上がり、高脂血症になっています。

今の数値は、300ほど。正常値を大きく超えています(汗
普段から、脂っこいものは食べないので、これ以上食事で
制限するのはちょっと無理。

私の場合、皮下脂肪も内臓脂肪もないので、この第三の
脂肪がきっと溜まっているんだと思います。

中性脂肪が高く、血液がドロドロ状態ですと、糖尿病に
なりやすくなり、心筋梗塞を起こす可能性が高くなります。

この第三の脂肪がどこに溜まって、どうやったら減らすことが
できるのか? これは、私にとって死活問題だ^^;

で、第三の脂肪がたまる原因は、運動不足!と
筋肉の質の低下。これに尽きるそうです。

運動不足にならないために、自分の消費カロリーを割り出す
かんたんな計算式があります。

自分の体重x5.25=1万歩をしっかり歩いた時のカロリー数
だそうです。

つまり、体重が50キロの人は、262.5キロカロリーを
消費しないといけないわけです。

たけしのみんなの家庭の医学では、第3の脂肪を取り、
運動不足を解消する疲れない簡単な運動を紹介してくれました。

1日1万歩歩くのが理想ですが、それができない人は、
次のことを心がけることでも、運動量を増やせます。

●歩幅アップウォーキング
いつもより、10センチから20センチ歩幅を広くし
胸を張って正面を見て歩くことです。

●家事クスワット
洗濯スクワットは洗濯ものを一つ干すたびに
椅子にすわります。

これは、普通の生活を送りながら、サラリーマンでも主婦でも
気軽に始められる体操なので、ぜひマスターして実践です。

筋肉の質の低下を招く運動不足を解消し、第3の脂肪を減らし
糖尿病や心筋梗塞を予防したいですね。

スポンサードリンク