スポンサードリンク

脳卒中リハビリ 注射 6ヶ月の壁を打ち破る治療法 ためしてガッテン

脳卒中のリハビリは、本人しかわからないような地道な努力が
あります。その努力も、6か月の壁があり、そこから先は、
いくらやっても回復が思わしくなく、リハビリをやめてしまう人さえ
いるようです。

脳卒中で壊死した脳細胞は、二度と元に戻ることはないのですが、
損傷していない脳が損傷したところを補おうと必死に新しい
回路を作ります。

この時期は、劇的に回復するのですが、これも半年を過ぎると
だんだんと効果が上がらなくなり、治療の終了となります。

そんな苦しいリハビリを続けてきた人に、画期的な治療法が
飛び込んできましたね。

それは、ボツリヌス菌の神経毒から作られた薬を筋肉に注射すると
言うもの。

これにより、1日から2日と言う短い間に効果が表れる人も。
この注射とリハビリを併用すると、効果が数段アップするようです。

脳梗塞から10年経っていても効果が見られるほどの治療法です。

また、脳に電気刺激を与える治療法も。
損傷した部分を補おうと損傷していない脳細胞が暴走し、かえって
手足が動かなくなる場合に効果を発揮するようです。

脳梗塞のリハビリは、本当に地道で大変なことの繰り返しですが、
注射や電気刺激を加えることで、効果が期待できるなら、
リハビリをあきらめてしまった方にとっては朗報ですね。

スポンサードリンク