スポンサードリンク

東洋医学 の 更年期 血の道症

東洋医学 では、女性のライフスタイルを7年間の周期でとらえ、42歳から 閉経 の準備段階に入ると考えられます。

実際、女性は40代になると 女性ホルモン の分泌量が徐々に減り始め、生理の周期が不順になってきます。
これが 更年期 の始まりで、心身の不調が表れ始めます。

しかし、このような不調は、更年期 特有のものではありません。 東洋医学 では、思春期以降の女性には、 更年期 の症状に似た 自律神経症候群 が見られることがあるとし、これを「 血の道症 」と呼んでいます。

血の道症 は、

血の巡りが悪い「瘀血」がベースですが、 更年期 になると血そのものが減って血液不足になる「血虚」を伴い始めると考えられています。
これによって、ますます血のめぐりは悪化します。

そのため、血を巡らす養生が大切になってきます。

血の巡りを良くする食品は、にら、たまねぎ、セロリ、紅花、黒きくらげ、黒豆、枝豆などがあります。

「気」が滞ると、不快な症状が強くなります。

「血」と「気」は互いに、関連し合って、血の巡りが悪い時は、気も滞りやすくなります。
イライラや憂うつなどの精神症状は、気が停滞している「気うつ」を示しています。

しかし、心身の症状も環境も個人差があり、そのひとそれぞれ違います。

「病気」は「気を病む」と書くように、心配すると気のめぐりが悪くなり、その結果、不快な症状を強く感じるようになります。
マイペースで過ごすことも大切なんですね。

「気」の巡りを良くする食品は、シソ、春菊、ミント、セロリ、シナモン、ハーブティーなどがあります。

スポンサードリンク