スポンサードリンク

シェーグレン症候群 は 更年期 に 発症しやすい

ドライアイ や ドライマウス は、疾病として、だんだんと認知されるようになりました。
それでも、ドライマウス は、ドライアイ よりもまだまだ見逃されている場合が多いです。

ドライアイ や ドライマウス とよく似た症状の病気に シェーグレン症候群 があります。

これは、全身の分泌腺が冒される自己免疫疾患の一種で、目や口の渇きがあるため、 ドライアイ や ドライマウス と勘違いしている人もいるようです。

ドライアイ や ドライマウス の患者さんのうち、10%は、 シェーグレン症候群 だったと言う報告があります。

主な症状は、目や口の渇き、関節の痛み、疲れやすさ、筋力の低下などで、ほとんどが、40歳から60歳の 更年期 時期に発症するようです。

根本から治療する方法は、

まだ、分かってないのですが、症状が重い場合は、ステロイドや免疫抑制剤で抑えるということです。

シェーグレン症候群 は、まだ認知度が低いので、患者数は少ないようですが、潜在患者数は、10万人から30万人と言われています。

目や口の渇きのほか、関節痛や関節のこわばりがあり、疲労感の取れない方は、受診時に、全身の症状もしっかりと伝え、血液内科で、検査することをおススメします。

スポンサードリンク