スポンサードリンク

更年期障害 に 効果 のある ハーブティー

更年期 に 効果のある ドライハーブ は、常備しておくと緊急時に役立ちます。
それぞれの症状に合わせて、 ハーブティー として飲むと症状が和らぎます。

以下、常備しておくとよい ドライハーブ をご紹介します。

ほてりがつらいときは、 セージ と ペパーミント が効きます。
セージ や ペパーミント は、ほてりを鎮める作用があります。
また、胃をすっきりさせる効果もあるので、ムカムカしているときにも。

冷えがつらいときは、 エルダーフラワー と ハイビスカス 。
エルダーフラワー と ハイビスカス には、血行促進の作用があり、体が温まります。
風邪のひき始めにも。

動悸がしたら、 パッションフラワー と セージ 。
セージ には、自律神経を調整する作用があります。 パッションフラワー には、心をリラックスさせる作用があるので、動悸が落ち着きます。

不安や焦燥感のあるときは、 パッションフラワー です。
パッションフラワー は、心身をリラックスさせる作用があります。
一肌程度に冷ました ハーブティー を就寝前に飲むと、寝つき良くなります。

気持ちを明るくしたいときは、 ハイビスカス と ローズレッド 。
ハイビスカス のきれいなルビー色や、 ローズレッド の優雅な香りは、落ち込んでいる気持ちを明るくする作用があります。

ハーブティー は、熱々より、一肌程度に冷まして飲むのが良いようです。
気分を落ち着かせる効果が高まります。

更年期 の救急箱として、数種類の ドライハーブ を準備しておくといいですね。

スポンサードリンク