スポンサードリンク

更年期障害 に 効く 精油 の 使い方

精油 の香りは、あっと言う間に脳の感情をつかさどる場所まで届き、脳も即座に反応します。
これが、アロマテラピーが心の不調に素早く効く理由です。

心の不調は、安定剤や抗うつ剤で治療しますが、更年期障害の期間は人それぞれで、はやり副作用や胃・肝臓などの負担を考えると長期に渡って飲みたくないものです。

そこで、上手に使いたいのが、 精油 です。
精油 とは、植物の花、葉、根、果皮、種子などから、蒸留や圧搾によって芳香成分を抽出した油です。

精油の基本的な使い方は、5種類です。

直接かぐ
ハンカチやティッシュに、 精油 を数滴たらしたものや、 精油 の入ったボトルを鼻に近づけてかぎます。
数回呼吸する程度で気分が変わることも。
この方法が、一番手軽にできる アロマテラピー です。

空間に香りを漂わす
アロマポット などに、 精油 を垂らして、空間に香りを漂わせる方法です。

全身浴
100グラムの天然塩に精油を数滴たらして良く混ぜて、バスソルトを使います。
バスソルトを湯船に入れて、お湯にゆったりつかります。

足浴
バケツに42度くらいのお湯を入れて、 精油 入りのバスソルトをいれます。
くるぶしくらいまで、20分ほど足をつけます。冷えやむくみに良く効きます。

希釈油(キャリアオイル)と混ぜてマッサージ
ホホバ油やヘンプ油などの希釈油(キャリアオイル)に数滴の 精油 を混ぜた アロマオイル でマッサージします。
心からリラックスできます。

精油 は、ホルモンのバランスを整える働きがありますので、 更年期 にはぴったりのケアなんですね。
不調の状況や環境に合わせて、無理なくできる アロマテラピー を選びましょう。

スポンサードリンク