スポンサードリンク

更年期 の のぼせ や 冷え に 効く 漢方薬

女性ホルモン エストロゲン が減少してきたら、漢方薬 も効果的です。

漢方薬 の メリット は、
症状と体質に合わせて個々に処方を選べること、
自分に合うく 漢方 を選べば、効果が早いこと、
アンチエイジング の効果も期待できることです。

漢方 では、 更年期 の不調を 腎虚 ( じんきょ )と言い、生殖器と泌尿器の働きをつかさどる臓器を「 腎 」と言います。

腎 が乱れると、閉経が近づいて、月経周期が乱れるほか、夜トイレに起きる回数が増えたり、足腰がだるくて長いこと立っていられないなど、下半身の症状が出てきます。

腎虚 ( じんきょ )でも、冷えとのぼせでは、 漢方薬 は異なります。

のぼせる人が、まず使いたい漢方薬は、 六味地黄丸 です。

気の巡りを良くして、イライラ感を抑える 加味逍遥散 ( かみしょうようさん )を併用すると心が安定して、のぼせ感が治まります。

加味逍遥散 ( かみしょうようさん )は、ストレス過多で、胃酸の弱った人なら、年齢にかかわらず使えます。
夜ね眠れないほどのぼせがひどい人は、六味丸 に熱を冷ます生薬を二つ加えた知柏地黄丸 ( ちばくじようがん )も強い味方になります。

一方、お腹から下が冷えて元気のない人が、使いたい基本の漢方薬は、温める力を補う 参茸栄衛丸 ( じんじょうえいえいがん )や 参馬補腎丸 ( じんばほじんがん ) です。
この二つは、いわゆる 滋養強壮剤 です。

このどちらかに、血のめぐりを良くする効果の優れた 当帰養血精 (とうきようけつせい )を加えてのむと、血のゆとりが出て体調を整える効果があります。

当帰養血精 ( とうきようけつせい )は、主に、血不足の対策に有効な処方なので、体調が良くなったら基本に戻ってOKです。

更年期には、漢方もおススメです。

スポンサードリンク