スポンサードリンク

セカンドオピニオン 病気の本当の原因 みんなの家庭の医学

たけしのみんなの家庭の医学(5月3日)は、
セカンドオピニオンがテーマ。

病院に行っているのに、なかなか治らない場合、他の
医師の診断を仰ぐのが良いですね。つまり、セカンドオピニオン。

担当医師を信頼していればいるほど、セカンドオピニオンは
受けづらいのですが、なかなか治らない場合は、他の病気を
疑うのも必要です。

たとえば、眠れないと悩む50代女性の原因は、閉経に
よる更年期障害だったり、長引く高血圧には、腫瘍が隠れて
いたり、目が疲れる女性は、内臓に異常があったりと、
痛む場所ばかり治療しがちですが、原因が別の場所に
あったりもします。

また、怖いな〜と思ったのは、腹痛がよく起こるのは
胃腸でなく背骨に入った菌によるものがあるのだとか。

うちの家族は、みな腹痛を良く起こす家族で、てっきり
胃腸が弱いものだと思っていました。背骨に菌が入ると
腹痛を起こすなんて全然知りませんでした。

みんなの家庭の医学では、名医が、胃腸科、循環器内科、
眼科など6つの科に分けて、何でも健康相談会を開催。

日ごろ、病気がなかなか治らないで不安に思っている人は、
番組でチェックしてみると良いですね。

父は、なかなか咳が止まらず、長引く風邪という診断でしたが、
セカンドオピニオンを求めて他の病院で診てもらうと
間質性肺炎でした。

たぶん、この様なことは日常茶飯事なんでしょうね。
主治医を信頼することも大切ですが、不審に思った場合、
他の医師の見立ても必要だと思います。

スポンサードリンク