スポンサードリンク

危険なしびれTIAを予防する奥薗レシピ たけしのみんなの家庭の医学

たけしのみんなの家庭の医学は、しびれがテーマ。
私も、ときどき、指先がじ〜んとしびれていることが
あるので、これは必見です!

しびれには、48時間以内に対応しないと命にかかわる
しびれがあるそうです。

「いつも指先がしびれる」、「たまに指先がしびれる」
このどちらかが、とても危険がしびれだそうです。

私の場合は、たまに指先がしびれるけれど、これって
危険なのかしら?

たまに起こるしびれは、TIA(一過性脳虚血発作)
のサインである可能性が高く、脳梗塞を起こす
前兆の場合があります。

TIAを起こすと、20人に1人が脳梗塞を起こすと言う
統計が出ています。

TIA(一過性脳虚血発作)の簡単な見分け方があります。

体の片側だけがしびれる
薄い手袋をつけたような感覚
同じ側の手と口がしびれ、動きづらい
突然の違和感、感覚の麻痺がおこる

私の場合、しびれも、ピリピリとしたしびれを感じるとき、
じ〜んとたしびれを感じる時と様々です。

このしびれがどこからくるのか、ちょっと怖いな〜と
感じることが時々あります。

TIAの症状が見られたら、すぐに脳外科を受診すれば、
脳梗塞も事前に防げると言うことです。

また、いつものように、危険なしびれを予防する
奥薗レシピが紹介されました。

奥薗さんのレシピは、体に良いのはもちろんのこと
簡単に出来るものばかりですから、今回もたのしみですね。

脳梗塞を起こす一番の要因は、高血圧。
塩分の多い食事は、高血圧を悪化させます。

現在定められた1日の塩分摂取目標量は、男性で9グラム 
女性で7.5グラムだそうです。

体から、塩分を排出させる働きのあるカリウムも同時に
取るのが理想です。

今回の奥薗レシピは、TIA予防レシピ。この基準をクリアする
レシピです。

奥薗流ラーメン

フライパンで、豚ひき肉360グラムと生姜、ニンニクを
炒めます。そこに水400cc入れ、刻んだ昆布と
砕いた干しシイタケ、えのきだけも入れます。
ラーメンの麺は、パスタを使います。
パスタを二つにおり、スープの中に入れます。ごま油を入れます。
茹で時間は9分。炒める感じでスープの水分を飛ばします。
味付けは、オイスターソース、醤油、青ネギ、
高菜の漬け物25グラムを入れます。最後にラー油をかけます。

味が薄くても、高菜を入れることで、塩分を感じて美味しく
食べられます。

奥薗流減塩焼きそば

フライパンに昆布、干しシイタケ、するめ20グラムを
刻んで入れます。そこに水400ccを入れ、沸騰したら、
薄切り肉200グラムを加えます。
パスタの麺を半分に折り、スープに加えます。
ゆで上がる寸前にキャベツ150グラムを入れ、最後に
鰹節、にら100グラムも入れます。

盛り付けた後にウスターソースをかけ、鰹節、紅ショウガを
載せます。

奥薗流スパゲティーミートソース

フライパンに、にんにくとひき肉200グラム、
タマネギ1個のみじん切りを炒め、400ccの水に入れます。
そこに、昆布2グラムを刻み、干しシイタケ10グラムを
刻んで入れます。
そこに、トマトを刻んでいれて一緒に蒸し煮にします。
パスタを半分に割って入れ、9分ほど経ち、スープが
無くなったら、醤油(大さじ1)を加え、粉チーズを
かけます。

どれも、昆布や干しシイタケの旨みで、味が薄くても
美味しく食べられる麺のレシピです。

塩分控えめの麺料理で、高血圧を防ぎ、
TIAを予防したいですね。

スポンサードリンク