スポンサードリンク

危険な舌 舌の体操 筋力トレーニング ためしてガッテン

ためしてガッテンでは、舌の健康がテーマでした。
舌と言うと、色は多少気にしますが、形など気にしない人が
多いのでは?

ilm09_da07003-s.jpg

私は、口臭の原因になる舌苔(ぜったい)は、多少気にしますが、
形が気にしたことがありません。舌苔とは、舌の上に白い苔が
生えたような感じで、舌の色が白っぽくなります。

舌苔は、舌用の歯ブラシで取り除くことが可能ですが、
一度は気にしたことがある人のいると思います。

「深い溝のある舌」や「地図のような模様のある舌」、
「まだら色の舌」など、びっくりするような舌の持ち主もいるようですが、
このタイプの人は、案外問題がないようです。

問題があるのは、キレイでつるんとした赤い色の舌。
白いザラザラがなくなることで表面がツルッとし、
舌の血管がじかに透けて見えるので赤く見えます。

この舌の表面の白いザラザラがなくなった舌を
「平滑舌(へいかつぜつ)」といいます。

この状態で疑われる病気は、ドライマウス、鉄欠乏性貧血、
重度の貧血などです。亜鉛などのミネラル不足によって
平滑舌が起こることもあります。

また、自分の舌が衰えているかどうかは、水を口に含んで
「イー」とした状態で飲み込めるかどうかだそうです。

飲み込めなければ、舌の位置や筋力が劣っている可能性が。
下の筋力が下がると、「低位舌(ていいぜつ)」になります。
舌が自らの重みに耐えられなくなり、下がってしまう症状です。

舌の筋力トレーニングをすることで、舌の健康が保てるようです。
番組で紹介されていたのは、「舌の体操」。
舌の体操は、「ベロは宝(たから)」と口に出して言います。

「ベ」は、舌の位置を高く持ちあげる筋肉を鍛え、
「ろ」と「ら」は、下をなめらかに動かす訓練、
「た」と「か」は、食べ物を喉の奥に送る筋肉を鍛えます。

舌は、わずかなストレスや体調の変化でも、変化するもの。
ためしてガッテンを参考に、舌でも健康をチェックしたいものです。

スポンサードリンク