スポンサードリンク

危険な関節痛の見分け方 関節破壊を食い止める薬 たけしのみんなの家庭の医学

たけしのみんなの家庭の医学は、関節痛がテーマ。
年齢を重ねると、多かれ少なかれ関節が痛むのは当たり前と
思っている人が多いようです。

私も、歳のせいで関節が痛むのは、諦めていました(汗

関節の痛みに悩んでいる人は、全国に880万人もいる
そうですから、当然と言えば当然ですね。

単なる老化と思った関節痛に、とても重大な病気が
隠れていることがあります。

リウマチなどは、その例ですね。
始めは、手のこわばりや関節痛などから始まりますが、
重くなると普通の生活ができなくなるほど痛みに悩まされます。

また、関節がかなり曲がってしまい、日常生活にも支障を
きたします。

関節リウマチは、女性がなりやすいのですが、これは
女性ホルモンが免疫系を活性化させるために起こり、特に
ホルモンバランスの変化が原因だとも言われています。

このリウマチと普通の関節炎との見分け方です。

まず痛みや違和感ですが、加齢による関節痛は、第1関節に
痛みが出ることが多いことに比べ、リウマチは、第2、第3
関節にも痛みが出ます。

痛みや違和感が出るタイミングですが、加齢による関節炎は、
関節を動かした後に痛みが強く出るのに比べ、関節リウマチは、
朝起きた時など、動かし始めに痛みが強く出るのが特徴です。

関節の腫れ方では、加齢による関節炎は、関節を触ると硬く
感じますが、リウマチは、関節を触るとブヨブヨして弾力が
あります。

このように、違いがありますので、覚えておくと良いですね。

患者さんは、関節の痛みや変形に苦しむのがリウマチですが
最近はとてもよい薬ができているようです。

関節の炎症を抑え、関節の破壊を食い止める薬があれば
患者さんの生活の質はぐ〜んとアップすると思います。

関節破壊を食い止める薬は要チェックです。薬はそれぞれの
患者さんに合った最適な薬を見つけるためには、病院選びも
大切です。

番組では、慶応義塾大学医学部リウマチ内科教授の竹内勤
先生が色々と説明されてましたね。

この治療を行っている病院は、全国で10か所ほど。この
治療は、患者さんの遺伝子、DNAを調べて最適な薬を割り出し、
リウマチによる関節破壊を早期の段階で防ぐことができます。

この治療は、DNAの検査に1回約10万円(保険外)、最新の
薬による治療が年間50万円(保険適応)ほどかかるそうです。

スポンサードリンク