スポンサードリンク

顎関節症 TCHを治す方法 たけしのみんなの家庭の医学

たけしのみんなの家庭の医学は、顎関節症による肩こり解消が
テーマでしたね。

顎関節症は、TCHと言うらしく、このTCHの予防と解消が
自宅で簡単にできる方法を紹介してくれました。

まず、自分がTCHかどうかを簡単に診断できるやり方です。

舌を思い切り出して、舌のフチに歯の跡がついている人は
要注意です。

TCHは、たえず歯と歯を合わせて力が入っていることで、
あごの関節に摩擦が起こり、顎関節のクッションになっている
軟骨がずれてしまうようです。

067.jpg

つまり、歯と歯を合わせないようにするのが、一番の解消法です。

と言っても、パソコン作業や家事をしていると無意識のうちに
歯を食いしばったり、歯と歯を合わせて力が入ってしまうようです。

これを防ぐ一番簡単な方法は、「歯を離す」と書いた紙を
家の中のいたるところに貼り、意識して、上の歯と下の歯を
合わせないようにすることです。

このメモを見ると、上の歯と下の歯を自然と離すようになり
初めは、無意識のうちに食いしばっていた歯がだんだんと
リラックスし、離れるようになります。

そのうち、メモを見なくても楽に食いしばりが改善されます。

顎が痛くなって、口を開くこともできなくなると、食事も
食べられなくなります。

私は、20年前に顎関節症がひどくなり、痛くて物を噛めなくなり
口も開かなくなりました。

直すのは、歯と歯を合わせて食いしばらないように、
テンプレートを入れたのですが、この方法を知っていれば、
テンプレートを作らなくても、済んだかも。

顎関節症を治すには、とにかく、歯を食いしばる時間を
減らすことですね。

スポンサードリンク