スポンサードリンク

ヒートショックプロテインを増やす入浴方法 加温生活 世界一受けたい授業

ヒートショックプロテインって始めて耳にした言葉です。

世界一受けたい授業では、低体温をアップする
加温生活の方法を紹介していました。

これは、お風呂の入り方で、あるたんぱく質を増やして、
体温を上げ、病気にかかりにくい体にする方法です。

冷えや低体温は万病の元と言うように、代謝をアップし、
免疫力を上げるのは、平熱の体温を上げるのがベストです。

体温を上げると、体の傷ついた部分を直す物質ができる!と
言うから、もはや冷えは大敵ですね。

平熱が35度台と言うのは、低体温と呼ばれ、この様な方は、
内臓から冷えています。

このように、内臓から冷えている人は、体のいたる部分に
傷ができやすいそうです。

冷えや低体温は、癌をも招くと言われている由縁かも
しれませんね。

この体にできた傷を直す物質は、タンパク質・
ヒートショックプロテインです。

このタンパク質・ヒートショックプロテインを増やせば
色々な不定愁訴の他、癌をも予防出来そうです。

では、そのヒートショックプロテイン入浴法です。

42度のお湯に合計10分入浴します。途中で休んでも
構いません。お風呂のフタを閉めると更に効果的です。

41度で15分、40度で20分でもOKで、入浴後は
布団にくるまったり・サウナスーツを着て、
15〜20分保温すると効果的です。

ヒートショックプロテイン入浴法なら、自宅で簡単に
できて、万病対策になりますね。これからは、
加温生活を目指しましょう。

スポンサードリンク