スポンサードリンク

時計遺伝子 記憶力や体力を回復する方法 睡眠習慣を治す

たけしのみんなの家庭の医学で紹介されていた
衰えた記憶力や体力を回復する方法は、睡眠方法を
治すと簡単に治るそうです。

結論から言うと、毎日同じ時間に起きることです。
一番悪いのは、平日の睡眠不足を週末に補うために
寝だめをすることです。

たとえば、平日は、7時に起きるのに、休日は、
10時や11時に起きると言うような、寝だめをする
ことが記憶力や体力を衰えさせています。

休日に寝だめをすると、時計遺伝子による
体のスケジュールが乱れてしまい、また次に週から
決まった時刻に起きても、時計遺伝子がくるってしまい
もとに戻らなくなるそうです。

この時計遺伝子を活性化させるのは、毎日同じ
時間に起きることです。

この方法を実践した男女6人ですが、バッティング
センターでは150キロの速球がバッドにあたるように
なったり、20品目を覚えて買い物する能力が
ぐんと上がったり、長い階段を上った後、息切れが
改善されたりと、記憶力体力とも改善しました。

この方法の一番のポイントは、朝起きるタイミングです。
週末の寝だめをしないで、3週間の間、決まった時刻に
起きると、時計遺伝子が活性化します。

スポンサードリンク