スポンサードリンク

ぎんさんの5つの健康法の教えとは たけしのみんなの家庭の医学

たけしのみんなの家庭の医学は、若返りと長生きがテーマ。
長生きと言えば、金さん銀さんが、有名ですが、その
ぎんさんが子供たちに残した5つの健康法があります。

ぎんさんの4人の娘さんは、平均年齢92歳という高齢ですが、
みな血管年齢がとても若いのがすばらしい。

風邪をひいたときに、ラムネに卵を入れて飲む

ぎんさんの5つの健康の教えとは、

1.自分のことは自分でやる
  食事も洗い物も洗濯も、全部自分でやっています。

2.うちの中でじっとしていては体が腐る
  毎日、外に出かけることが大切。

3.笑う門には福来る
  いつもニコニコ笑っていること。

4.感謝の心を忘れるな、
  感謝を忘れたら人間はダメになる。
  ありがたや、ありがたや。

5.魚を食べること。

5つの教えの中で、特に、良いのが、食事と運動。

魚や肉などのタンパク質を取ることは、血管を若く保つ
ポイントです。また、外出することで、筋肉が鍛えられ
筋肉量が落ちることを防ぐそうです。

血管を若く保つ秘訣は、魚や肉などのタンパク質を
朝からきちんと食べる、ぎんさんの食事法そのものだったようです。

スポンサードリンク