スポンサードリンク

うつ病 磁気刺激による最新治療法 病院 NHKスペシャル

なかなか完治しないと言われているうつ病ですが、
NHKスペシャルを見る限り、最新治療法が紹介され、
かなり光が見えているように感じました。

うつ病は、治療が長期化し、仕事を辞めざるを得ない人も多く、
社会的損失が、色々な病気の中で一番最大だと言われています。

重症になれば、自殺の危険性もあると言われているうつ病も
あります。

しかし、そのうつ病治療も、かなり進んできているようです。

特に注目なのが、薬を飲んでも効果のないうつ病患者に対して、
脳に直接、磁気刺激を与える方法です。

これは、かなり効果があるようで、
機能が低下している脳の部位を磁気で刺激し症状を改善すると
言うものです。

この磁気刺激による治療は、アメリカではかなりの効果を発揮
しているようです。このアメリカで始まった画期的な治療は、
TMS(経頭蓋磁気刺激)と呼ばれ、間隔を空けながら40分間、
症状が治まるまで毎日脳に磁気刺激を与え続ける治療法です。

うつ病の磁気治療は、これから期待される分野ですが、
日本でこの治療を行っている機関は、
神奈川県立精神医療センター芹香病院だそうです。

神奈川県横浜市港南区芹が谷2−5−1
TEL:045−822−0241

薬の効果がなく、なかなか先が見えない人は、
磁気治療を詳しく調べてみるのも良いですね。

また、脳血流の画像診断装置により「うつ病」と症状が似ている
「双極性障害」や「統合失調症」とを客観的に見分けられるように
なってきたようです。

最新治療法が紹介され、明るい兆しが見えてきたようです。

スポンサードリンク