スポンサードリンク

鬱病 うつ病 が原因 かも? 頭痛 や 背中 体 の 傷み

うつ病 と 体 の 痛み には、密接な関係があります。

塩野義製薬と日本イーライリリーのプロジェクトチームの調査によると、 うつ病 患者 の約6割が体の 痛み を経験していることがわかりました。

私も、以前、まったく原因の分からない 胃の痛み に悩まされいたことがあります。
胃カメラを飲んでも、まったく異常なしです。
そんな時、医師から、「 仮面鬱 ( うつ )ではないのか?」と、言われたことがありました。

仮面鬱 ( うつ )とは、精神面ではまったく異常がないのに、体に異変が現れるものです。

プロジェクトチームの調査では、実際に うつ病 と診断され、 うつ病 治療薬を服用している人と、うつ病 の患者を診察している医師を対象に行われました。

痛み を経験している6割の患者さんで一番多いのが、 頭痛 。
次に、 体全体 の漠然とした 痛み 、 背中の痛み 、 胃腸 などの 消化器系の痛み 、と続きます。

体に 痛み を伴う原因として、

うつ病 に伴い、セロトニンやノルアドレナリンの分泌が減ることで、 痛み の感覚が増長されること、
ストレスなどで、 痛み の伝達を制御する機能が低下すること、があげられます。

ところが、この 痛み が、 うつ病 が原因だと分かっている患者は非常に少なく、 痛み と うつ病 は別のものと思い、医師に伝えないケースが多いようです。

痛み を治せば、 うつ病 も治りやすく、しかも再発しにくいということです。

精神科の専門家は、患者も医師も、もっと うつ病 からくる体の 痛み に注目するべきだと言っています。
それが、 うつ病 の早期発見、早期治療につながるので、 痛み があるときは我慢しないで、担当医にしっかりと伝えましょう。

スポンサードリンク