スポンサードリンク

うつ病には、ストレスコーピング タイプ別ストレス対処法 たけしの家庭の医学

うつ病は、もはや現代病です。
患者数が100万人を超えるともいわれる「うつ病」。

更年期は、特にうつ病になりやすいとも言われています。

最新科学でうつ病かどうかが一目でわかるようですね。
これは、脳を見ると、うつ病の人の脳と、普通の人の
脳は、明らかな違いがあります。

たけしのみんなの家庭の医学では、タイプ別の正しい
ストレス対処法が紹介されます。

まずは、ストレス対処には、色々なタイプが
あります。

ストレスコーピングには、4つあります。

積極行動型
気晴らし型
否認型
回避型

普通、人は、これらのストレスコーピングを
組み合わせて、ストレスを回避しようと
しています。

ストレスコーピングとは、
ストレスコーピングハンドブック

今は、うつ病を患ってなくても、こんなストレスの
多い現代、うつ病をいつ発症してもおかしくないですね。

番組では、荻野アンナさんの症例がとても参考に
なりました。

今から約20年前、芥川賞を受賞し、一時は、
テレビのワイドショーなどで売れっ子だった
作家、荻野アンナさん。

荻野アンナさんは、重いうつ病だったと言うことです。
荻野さんが、うつ病になった誤ったストレス対処法
とはいったいなんでしょう。

彼女は、積極行動型のみだったため、重いうつ病に
なったようです。

うつ病から回復した荻野さんが、編み出した
うつ病予防方法は、この4つのストレスコーピングを
上手に混ぜることです。

番組の後半では、うつ病の方の回復に効果のある
認知行動療法が紹介されました。

認知行動療法

状況 嫌な出来事が起きた時は?
試行 どう考えたのか?
根拠 どうしてそうなったのか?

上記の内容を良く判断した上で、
自分を客観的に判断します。

まず、うつ病患者に、自分と同じ立場の人がいたら、
なんと声をかけるかを考えてもらいます。

これが考えられるようになると、違った考え方も
できるようになります。
これを、根気よく繰り返していくと、うつ病も
回復するようです。

自分のストレス対処法の癖をよく理解したうえで、
うつ病にならないように、上手にストレスを
解消したいですね。

スポンサードリンク