スポンサードリンク

良い 精神科 診療内科 の見つけ方

今は、 精神科 や 心療内科 の壁がぐ〜〜んと低くなってきましたね。

しかし、世の中まだまだ気軽に 精神科 や 診療内科 を受信できない人がたくさんいるようです。

私の場合、早くから 診療内科 のお世話になりましたが、やはり始めは、抵抗を感じなかったかと言えば、そんなことは、ありませんでした。

最近は、鬱 に悩む人口が急増しています。
うつ病 は、とても辛い病気です。身の置き所がなくなったように感じてひとりで苦しんでいる人が少なくないようです。
そんなに苦しいはずなのに、2割くらいの人しか、医療機関に相談していないそうです。

うつ病 ではないと、 精神科 や 診療内科 を受信できないかと言うと、そんなことはありません。
私の場合は、 自律神経失調症 あるいは、 若年性更年期障害 でも 診療内科のお世話になりました。

私は、かかりつけの内科で紹介してもらった 診療内科 にかかっていますが、

それなりに満足しています。

直接、精神科 診療内科 を受診するのもひとつの方法ですが、最初のクリニックで満足できなければ、他のクリニックを受診してみてください。

ただし、あまり理想を高く持つと危険です。理想的な医師と言うのはまずいるものではありません。
そのようなときは、相性、薬、相談の3つのポイントで判断してください。

一番大事なのは、相性です。
心の悩みを相談する時は、安心して信頼でき、話しやすい医師の方が、気持が楽になることが多く、同じ薬でも効きが違ってくるとさえ言われています。

薬は、治療の基本ですが、最初から多くの種類の薬を出す所は、やめた方がいいかもしれませんね。
必要な薬を、症状にあわせて丁寧に出す医者の方が安心です。

悩みについても、気軽に相談できるかどうかも医者選びの大切な基準です。

自分の疑問にきちんと答えてもらっていると感じることができれば、治療が上手く進む可能性は高くなります。

そのためには、相談する時には、ポイントを絞って話をするように心がけるといいですね。

良くメモをとってから病院に行こうと言うアドバイスがありますが、 心配なことや困っていることはメモに書いてから受診すると、治療が効果的に進みます。

スポンサードリンク