スポンサードリンク

巻き爪 にご用心 若い女性 に急増

巻き爪 なんて、自分には、関係ないわ、と思っている方も、ご用心。

普段から、パンティストッキングやハイヒールを履いて出かけることが多いなら、もう 巻き爪 の予備軍になっているかもしれません。

巻き爪 とは、脚のねじれや、体の歪みから、あしの骨への荷重が不足することが、原因で、爪が曲がり、変形する状態のことです。

一般的には、ハイヒールなど足を圧迫する靴を履く若い女性に多いとされていますが、実際は、老若男女を問わず、全年齢層で見受けられます。

巻き爪 になると、

その名の通り、爪が曲がる状態になることです。
爪と爪の周辺の皮膚が、多方向から圧迫されて悪くなり、爪の形が 変形 していきます。

爪は、横に広がっていくタイプや、巻貝のような巻き方で曲がるタイプ、アルファベットのCのようなカーブになるタイプなど、曲がり方も様々です。

ここで、 痛み がないからと言って、そのまま放っておく人が多いのですが、どんどん症状が悪化していくことはあっても、自然に治ることはありません。

進行すると、爪の端が皮膚に食い込んで、炎症が起こって、赤くはれ上がった状態になり、 痛み が発送することになります。

このように 痛み が出てくると、足をかばって歩くため、体を傾ける傾向になり、腰まで悪くなることがあります。
腰が痛い人の足先は、 巻き爪 のなっていることも。

たかが、 巻き爪 と思っていると、足から腰へ、腰から全身へと具合の悪るさが広がっていき、日常生活に支障をきたすようになります。

巻き爪をケアする方法ですが、締め付けるパンティストッキングや靴下は避けるようにします。症状が進行している時にかかわらず、普段からできれば、5本指ソックスや足袋を履くといいですね。

また、靴選びにも気をつけたいところです。どんなのおしゃれでデザイン性に優れていていても、サイズが小さい靴や、反対にサイズが大きすぎる靴もよくありません。

大きい靴は、中で足が自由に動いて、足先が靴にぶつかり、爪の変形につながってしまうからです。自分の足と合っていて、履いた時の違和感がなく、足の甲がきちんとホールドできる靴を選びましょう。

足の爪を切る時に、巻き爪の痛みから逃れるために、爪を深く切る人がいますが、これは、オススメできません。爪が伸びるまでの間の一時だけ楽になっても、再度爪が伸びると巻き込みが強くなって、痛みが増します。
また、長すぎる爪も禁物です。

爪は、切りすぎず、白い部分が少し残るくらいの適切な長さで整えましょう。

巻き爪は、一度、専門医に相談することをお勧めします。
出血がなければ、プレートによる矯正治療が一般的と言われていますが、他にワイヤー治療やコットン法、手術による治療とさまざまな方法があります。

自分のライフスタイルにあった方法で、治療に専念できるといいですね。

頭の先から足の爪先まで、全身いつまでも美しい女性でいるために、普段から爪の症状もチェックです。

スポンサードリンク