スポンサードリンク

たけしのみんなの家庭の医学 危険な足のむくみの見分け方

たけしのみんなの家庭の医学(4月26日放送)は、
むくみがテーマ。

特に危険な「足のむくみ」を徹底解説です。

朝の足と夕方の足の太さが全然違ったり、朝はすんなり
履けた靴が、夕方はきつく感じたり、とかく足はむくみ
やすいのですが、このむくみには危険なむくみがあります。

私は妊娠時に、ふくらはぎや脛の内側を強く押すと、
凹んだままで戻らないときがありました。妊婦さんは
お腹の赤ちゃんに圧迫されて足のリンパの流れが悪くなり
浮腫に悩む人が多いですね。

また、浮腫は妊娠中毒症などの1つの目安になりますので、
小まめにチェックをすると良いですね。

むくみのチェックで、重症になる前に発見できる病気も
あります。

むくみの原因は、腎臓が悪かったり、心臓が悪かったりと
放っておくと命にかかわるような重病も隠れているようです。

血管内に血栓ができたことを知らせる「むくみ」を放って
おくと、深部静脈血栓症になり、血栓が肺などに飛び
呼吸困難などを引き起こす怖い病気もあります。

血栓により、長さが約30センチの塊が血管の中にある人も
いると言うから驚きです!むくみに悩んでいる人は、
ちょっと怖い内容かもしれませんが、必ずチェックした方が
良いですね。

また、もうひとつむくみを引き起こす「下肢動脈瘤」が
あります。これは命にかかわらないのですが、酷くなると
皮膚が壊死することも。

では、下肢動脈瘤になったらどうすればよいのでしょうか。
これは、レーザー治療で焼いてしまう治療か、または、
硬化療法と言って注射で血管を固めてしまう治療があります。

むくみが1分間で改善するストレッチのやり方も
むくみの名医が教えてくれるので、実践してみようと
思います。ちなみに、むくみの名医は、東京の板橋にある
帝京大学病院新見先生です。

予防はストレッチなどをすること。つま先上げ、つま先立ちを
1日に何回か繰り返す簡単なストレッチで効果があるようです。
水分を取って時々歩き回ること。弾性ソックスも非常に効果が
あります。

弾性ソックスは、避難所生活をおくる被災者の方の、
エコノミー症候群の予防にも一役買っています。

むくみには、色々ありますが、予防ができるストレッチも、
ありますので、さっそく実践ですね。
むくみが取れれば、少しはスラッとした足になるかも。

スポンサードリンク