スポンサードリンク

過多月経 過小月経 月経血 が 多い か 少ない か

月に一度の 生理 ( 月経 )。ないと困るものですが、それに伴う苦労もあります。

自分の 月経血 が多いのか少ないのか・・・
比べる術もないので、友達や家族の話を聞いて、想像する日しかありませんね^^;

一日何枚のナプキンが必要か?とか、多い日用のナプキンばかり使っているとか、日中でもナイト用ナプキンを使っているとか、
人と 生理 の話をする機会があれば、自分の 月経血 と 月経期間 の状態が分かります。

その中で、過多月経 過長月経 、 過小月経 過短月経 があります。

過多月経 過長月経 は、 月経 の 量が多い 、日数が長いなどの 月経 の事です。
過多月経 の場合、月経2日目くらいの量がずっと続いたり、レバーのような血のかたまりが、かなり多い場合のことを指します。

過長月経 は、平均的な生理期間の3日〜7日をオーバーすることで、同時に貧血を起こしやすくなるので、治療が必要です。

過多月経 過長月経 の原因は、不規則な生活、ストレス、激しいダイエットなどで ホルモン の バランス が崩れた場合が多いです。
このような症状が2,3回続いて正常に戻ったら、ストレス性が考えられますが、それ以外は、子宮筋腫などの病気が考えられますので、婦人科の診察を受けましょう。

また、反対に、 過小月経 過短月経 は、月経の量が少ない、月経の日数が短いという症状です。
ナプキンの交換がほとんど必要ない、月経の日数も2日未満の事を指します。

過小月経 は、生理が始まるときと終わるときのような、べたっとした茶色っぽい血液が少量出て終わることがあります。

過小月経 過短月経は、子宮の発達が未熟なためと考えられ、子宮の内膣が狭いため、剥がれ落ちる内膜が少ないことが考えられます。
婦人科 で診察してもらい、 ホルモン治療 を行うと、改善されます。

ストレスによる ホルモンバランス の乱れで、排卵が無くなり、出血量が少なくなることもあります。
この場合は、ストレス解消を心がけ、規則正しい生活やバランスの良い食事等で改善されます。

毎月の事だから・・・と諦めないで、良い解決策を見つけましょう。

スポンサードリンク