スポンサードリンク

卵胞ホルモン と 黄体ホルモン の 働き

女性ホルモン には、 卵胞ホルモン ( エストロゲン )と 黄体ホルモン ( プロゲステロン )があり、卵胞ホルモン ( エストロゲン ) は、女性らしさを作る ホルモン で、思春期から活発になります。
黄体ホルモン ( プロゲステロン ) は、妊娠に備えるための ホルモン です。

この ホルモン は、体の周期に伴い、交互に働きます。

疲れやすい、肩がこる、頭が痛い、イライラする、落ち込むなど病名のつかない不快な症状は女性ホルモンの乱れが影響している場合があります。

女性ホルモン は、生殖にかんするだけでなく、内面から健康的に暮らす重要なものです。

女性ホルモン の役割を理解して、 女性ホルモン を味方にすれば、快適な暮らしを送ることも可能です。

では、卵胞ホルモン ( エストロゲン ) の働きです。

卵胞ホルモン ( エストロゲン )は、肌の潤いを保つ、肌にハリを与える、代謝を促す、血管や骨を強くする、物忘れを予防するなど、皮膚、胃腸、骨、関節、感情、脳などの働きに関係する大切な 女性ホルモン です。

黄体ホルモン ( プロゲステロン )は、子宮内膜や子宮の働きを調整する、乳腺を発育させる、血糖値を正常に保つ、体内の水分量を整える、食欲を促す、眠くなるなどの、主に妊娠にかかわる 女性ホルモン です。

まずは、卵胞ホルモン ( エストロゲン )と 黄体ホルモン ( プロゲステロン )の働きを理解しましょう。

ホルモン の バランス が 崩れる と、体に色々な不調が現れます。

規則正しい生活をして、栄養のバランスを考えた食事をし、質の良い睡眠をとり、ストレスをためないことが大切ですが、
それでも ホルモン の 乱れ が治らないときは、排卵誘発剤、低用量ピルなどを使った治療もありますので、
婦人科を受診することをおススメします。

スポンサードリンク