スポンサードリンク

閉経のタイプ 閉経とは 性交痛を解消する方法 あさイチ

NHKあさイチのテーマは、更年期にタイムリーな内容でしたね。

生理が上がることを、一般的に閉経と言うけど、じゃあ、
何を持って閉経と言うのか?の定義がはっきりして、不安な
気持ちが解消されましたよね。

日本産科婦人科学会の閉経の定義は、40歳以上で、
1年以上生理がない状態のことを言うそうです。

おおよその年齢は、50歳から54歳くらい。
もちろん、40歳代の方も多いようです。

閉経のタイプ(お別れの形)は?と言うと、

【突然さよならタイプ】
ある日ぱったり生理がなくなる

【フェードアウトタイプ】
生理の間隔があいて、いつしかなくなる

【気まぐれタイプ】
月に2回来たかと思ったら、2〜3か月来なかったり、
そんなことを繰り返し、いつかはなくなる

どうやって生理があがるかは、ホント人それぞれですが、
だいたいこの3タイプに分かれるようです。

で、女性ホルモンの減少で閉経を迎えるのですが、同時に
膣分泌液が減少したり、膣が委縮し、性交痛を感じる人も
増えます。

女性ホルモンは、鼻・のど・口・膣などの粘膜を潤す働きが
あるので、閉経する頃には、粘膜が乾燥してしまうからですね。

まさしく、私、潤いのなくなった女って感じですね〜
嫌ですけど、老化現象ですので、仕方ありません。と言っても
性交痛で困っている方も多いとか。

ホルモン補充療法をしてまで、潤わなくても・・・と思っている
方は、【潤滑ゼリー】を使用してみると良いそうです。

潤滑ゼリーの他には、膣座薬なるものも紹介していました。

自分で潤う力がなくなったら、ゼリーや座薬の力を借りる訳です。
こうやって、閉経後も女を維持していかないと、ますます
老けこんでいきそうで怖いな〜と思っています。

スポンサードリンク