スポンサードリンク

布ナプキン のすすめ 月経血 コントロール

布ナプキン ってご存知ですか?
読んで字の如く、布でできた 生理用ナプキン です。

私は、何年か使用しました。
私の場合は、「 生理痛 が 重い 」と話題になったとき、かかりつけの歯医者さんが、ある本を紹介してくれたからです。
産婦人科ではく、なぜ歯医者さん?って話は、置いておいて(笑)

その本は、昔の女性はできていたと言う本です。

明治以前の女性は、月経血をコントロールできていた という内容に、なんか納得して、それ以降、 布ナプキン を使うようになりました。

現在の生理用品は、

どんどん便利になる一方で、現代の女性の 月経血 はどんどん多くなっています。

「高分子吸収体」 「多い日でも朝まで安心」 などの商品は、女性のためを考えて開発されてきたのですが、月経血は皮肉なことに多くなっています。

明治の着物を着ていた頃の女性は、「月経中は下半身を締めて 月経血 をためて、腹圧をかけることでトイレで出す」ということができたそうです。

つまり、排便や排尿のように、 月経血 のコントロールしてきたということです。
なので、簡単な脱脂綿で充分だったと言うことです。

生理用ショーツどころか、下着さえ付けていない女性が、どのようにして生理の期間を過ごしていたのかず〜と不思議に思っていましたが、そう言うことだったのですね。

月経血 も、現代の女性ほど多くなかったようです。
現代の女性は、食事や生活習慣の影響なのか、昔の女性より、月経血が多いような気がします。
月経血 は、人と比べることなどできませんが、巨大な 夜用ナプキン 等見ると、本当に個人差があるように思えます。

月経血 を コントロール し、月経血 の量が少なくなる、ひとつの方法に 布ナプキン があります。

はじめは、漏れるんじゃないの?って不安だったので、仕事や外出のない日や、量の少なめの日に試してみました。
そして、だんだんに慣らしていくと、本当に 月経血 が少なくなりました。

私が使っていたのは、ネルの生地の 布ナプキン でした。
ブルーな気分も楽しくなるような、かわいいチューリップ柄(笑)

これは、かかりつけの歯医者さんに譲ってもらったのですが、今では、たくさんのかわいい 布ナプキン が簡単にネットで買えます。

はじめての布ナプキンなら!

布ナプキン の使用方法は、また今度ご説明しますね。

スポンサードリンク