スポンサードリンク

50度洗い 野菜がシャキシャキの裏ワザ ゆうどきネットワーク

野菜がシャキシャキになる温度が、なんと50℃だと言うことを
最近知って目から鱗です。

ilm19_da01009-s.jpg

今までの常識だと、50度で洗うと野菜がクタッとなってしまうような
気がしていましたし、野菜は冷水でシャキッとなるものだと
思ってましたから。

野菜に限らず、50度と言う温度がミソのようですね。

野菜を50度洗いをすると50度洗いしなかったものに比べ、
ホウレンソウ、レタス、もやしなどの野菜は、5日たっても
しおれないという結果が出ています。

また、水だけで洗ったものに比べて菌の数が10分の1に
減るそうです。病院でも今まで生野菜が食べられなかった
患者さんが50度洗いで生野菜が食べられるようになったという
事例も。

これは、野菜に限らず、肉でも同じだそうです。
肉は赤みが鮮やかになり、うまみを閉じ込めてくれます。
魚介類やきのこ類、果実にも効果が期待できるというから
50度洗いを実践しない手はないですね。

ゆうどきネットワークで紹介されていた50度洗いの方法

用意する物
・温度計、・ボウル(鍋でも可)
 ボウルにお湯を入れ、温度計を見ながら50度に調整します

食材の洗い方
表面を傷つけないように優しく洗います
葉物野菜はお湯の中でしゃぶしゃぶをするように洗います

50度洗いには、注意点があります。
洗った後はよく乾かし、冷蔵庫で保存する。お湯の温度は、
48度以上52°以下。43度以下では、菌が繁殖してしまうそうです。
魚肉や貝類は、洗った後は保存せずすぐに調理すること。

50度洗いにはコツがあるようですので、これを守って
お料理したいですね。

スポンサードリンク