スポンサードリンク

トラネキサム酸が合わない!塗るタイプの化粧品で肝斑を解消

肝斑は、更年期の時期に多い両頬にもわ〜と出るシミです。
このシミは、ホルモンのバランスやストレスなどに左右される
ため、濃くなったり薄くなったりします。

また、更年期が終わると消えてしまう人もいます。60歳
過ぎたらなくなったと言う人も。でも、必ず消えると言うもの
でもなさそうです。

たとえ消えてしまうシミでも、更年期の前後、10年以上も
シミがあったら、憂鬱ですよね。シミとは女性の行動を
消極的にするものです。友達と会うのも憂鬱ですよね。

そこで、トランシーノなどの薬を服用するわけですが、
このトランシーノを飲むと気分が悪くなる人がいます。
成分のトラネキサム酸が合わない人がいるんですね。

一昔前は、肝斑は諦めていましたが、今は、塗るタイプの
トランシーノもあります。トラネキサム酸配合の化粧品も
多く出回るようになりました。

資生堂のアクアレーベルのブルーのシリーズなどが有名です。
また、美容皮膚科で販売している化粧品にも肝斑に有効な
成分が含まれています。皮膚科で相談してみるのも良いです。

病院で処方されるトラネキサム酸やトランシーノが合わない
人は、塗るタイプを試してみると良いですね。案外シミが
薄くなったと言う人が多いです。

スポンサードリンク