スポンサードリンク

スロー運動 歩き方 たるみを解消する方法 ためしてガッテン

ためしてガッテン10月19日放送は、たるみを解消する特集。

年齢とともに、体重は変わっていないのに、肉はどんどん
たるんできます。太っていないのに、たるんでくるのは、
ちゃんと理由があるんです。

たるみは、EMCLという物質が原因で起こります。
たれ尻、おなか浮き輪、背中に三段腹などは、筋肉のさしが
原因だということです。

つまり、霜降り肉のように、筋肉にさしが入ると、どんどん
たるんできます。

筋肉のさし、EMCLは筋細胞外脂肪と言われ、筋肉が
切れると、そこがEMCLに変わり、支える力がなくなる
ことで、肉がたるんでくるんですね。

筋肉が切れる原因は、運動不足と無理なダイエットなどで
タンパク質が不足したりすると起こります。

つまり、肉のさしであるEMCLを失くせば、たるみは解消されると
言うことです。

では、このEMCLをなくし、たるみを解消する方法は、
歩き方とスロー運動です。

この歩き方は問題です。たるまなかった方は大股で歩き、
たるんだ方の歩幅はとても狭いということです。

たるんだ人とたるまない人の歩幅は、7センチも違います。
大股で歩くと、いろいろな部分の筋肉が使われるので、
お尻の筋肉やおなかの筋肉も一緒に鍛えられるそうです。

また、3週間でたるみが解消する、3種類の運動をメモします。

フロースクワット

足を肩幅に開き、手を胸の前でクロスし肩に手を置きます。
お尻を下にゆっくりおろし、また上がりますが、上がりきる前に
おろします。

スロー腹筋

仰向けに寝て、膝を立てます。腰をゆっくり上げて、下げます。
お尻を下げきる前に、またゆっくりお尻を上げます。
これをゆっくり繰り返します。

スロー腕立て伏せ

膝をつき、手も床について、顔の鼻が床に就く前に上にあげます。
上に上げきる前に、また下に顔を下げます。

どの運動も「上げきる前に下げ、下げきる前に上げること」が
コツです。

どの運動も、ゆっくりスローでやることが大切です。
ポイントは、力を出し続けることです。

ふつう、大股歩きの結果が出るのは、3か月かかりますが、
このスロー運動は、3週間で結果が出て、たるみが解消されます。

スポンサードリンク