スポンサードリンク

肝斑にはレーザートーニングが効果 口コミと体験

30代後半より悩まされていた肝斑ですが、40代後半から
一気に濃くなりました。

025.jpg

日によっては、濃くなったり薄くなったりしながらも
徐々に濃くなっていく肝斑を見て、ガックリ。
もう、鏡を見るのも嫌になり、人に会うのも嫌になり・・・

こんなことではイケない!とレーザートーニングに挑戦。
初めは、と〜ても不安でした。

とにかく、低いレベルから初めてもらって、徐々に強さを
増してもらっています。

現在、2クール終了したところで、かなり薄くなっています。

1クール6回です。初めのトライアルは、カウントしないので、
初めの1クールは、7回ってところ。

これで、少し改善の兆しが見えたので、ここでくじけては
1クールのお金が無駄になる(笑)と思い、
2クール目に突入。

さすがに、2クール目を終えると、かなり薄くなってきました。

始めたばかりは、本当に消えるの?って感じでかなり不安。
そこで2ちゃんのスレを読んだりしましたが、なかなか
良い報告がなくって、もっと不安に(笑

でも、ちょっとずつでも、効果が表れているので、
続けてみたところ、やっと見た目にもハッキリと効果が
現れました。

2クールで、12回。それと初めのトライアルで合計13回。
私の肝斑は、レーザートーニング13回でやっと効果が
現れたって感じです。

で、そのまま終了〜って思っていたら、なんと
またまた肝斑が濃くなってきました(汗

ドクターにも言われていたのですが、レーザートーニングを
辞めると、元に戻ってしまう人もいるんだそうです。

うそっ!ってことは、肝斑に悩まなくなる70歳くらいまで
レーザートーニングをやり続ける?

さすがに、これは経済的に無理です(T_T)

と言うことで、1か月に1回くらいなら、ず〜と続ける
ことが可能かな〜と判断して、3クール目に突入。

3クール目は、ゆ〜くり進めます。レーザートーニングは、
顔のうぶ毛の処理まで一気にできるので、ひげや産毛の
お手入れをしなくて良いは、肝斑以外の最大のメリット。

お化粧のノリが良くなります。

肝斑には、直接しみの製造基地を刺激してはかえって
逆効果になり、シミが濃くなってしまいます。

表面から徐々に色素を分解してゆくような、
レーザートーニングが向いています。

レーザートーニングは、今まであきらめていた肝斑には
画期的な治療法だと思います!

ただ、根気が必要です。とにかく、焦らないこと。
1回や2回では、結果は出ません。(出る人もいますが)

なので、レーザートーニングは、腰を据えて取り掛かることを
おススメします。

スポンサードリンク