スポンサードリンク

肝斑 に 効く ハイドロキノン の 塗り方

肝斑 に効く 飲み薬 トランサミン ( トラネキサム酸 )が身体に合わない私は、 皮膚科 でもらう ハイドロキノン の塗り薬にたよることになりました。

ハイドロキノン とは、シミの原因であるメラニンの生成を抑制する働きのある成分です。
「肌の漂白剤」とも言われるほど高い効果があるとされています。

シミだけでなくシワの原因となるチロシナーゼの働きも抑えますので、注目されている成分です。
しかし、強い作用のため、塗布量を間違えると、アレルギーを引き起こしたり、使用方法を間違えると、逆にシミを濃くしたりと、使用に当たっては、注意が必要です。

以前、日本では、医薬品成分(医師の処方による使用のみ)とされてきました。

現在では、薬事法が改正され、化粧品への ハイドロキノン の含有が許されています。
日本でも ハイドロキノン 入りの ドクターズコスメ が発売され、人気のようですね。

薄い肝斑なら、通院のいらない ドクターズコスメ を続けているうちに、美白効果を期待できます。

しかし、 皮膚科 でもらう ハイドロキノン の方が、効果が高いので、肝斑がかなり気になる方は、 皮膚科 の受診をオススメします。

ここで、 ハイドロキノン の濃度が問題です。

皮膚科では、効果の高い10%の濃度の ハイドロキノン を処方してもらえます。
しかし、濃度が高いほど、皮膚への負担が増え、肌荒れの危険も伴いますので、はじめは、3〜4%位から試す方がより安全です。

ハイドロキノン の濃度が高くなればなるほど、広範囲に塗ることはできません。
高濃度のハイドロキノンは、綿棒などで少量を気になるシミのみに塗ります。
ハイドロキノンを塗った後は、紫外線に当たるとかえってシミが濃くなる場合があるので、夜のお手入れが中心になります。
朝のお手入れで使用する場合は、必ず日焼け止め(SPF30、PA++以上)を使用します。

また、 皮膚科 の ハイドロキノン は、冷蔵庫で保管します。

トラネキサム酸が合わない私は、 ハイドロキノン のみの治療になります。
まだ完治はしていませんが、濃くなったり、広がったりすることは防いでくれているようです。

スポンサードリンク