スポンサードリンク

脳が喜ぶココナッツオイル 老化防止、認知症改善効果も L4YOU

脂には、肉類や乳製品に多く含まれている飽和脂肪酸と
青魚や大豆などに含まれている不飽和脂肪酸があります。

飽和脂肪酸は、中性脂肪や悪玉コレステロールを増加させ
体脂肪をためやすい傾向があります。

Img_20140521_190117_R.jpg

不飽和脂肪酸には、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを
抑えてくれる働きがあります。

Img_20140521_190015_R.jpg

飽和脂肪酸は、体に悪いというイメージがありますが、
最近、飽和脂肪酸の1つである中鎖脂肪酸に
老化予防、アルツハイマー病の改善効果があるとして注目されています。

中鎖脂肪酸は、肝臓に送られてケトン体という物質に変換されます。
ケトン体は、エネルギーとして消費されるので、
体脂肪や悪玉コレステロールを対内に増やしにくくします。

Img_20140521_190956_R.jpg

また、老化の原因とされる活性酸素を抑える働きがあり
肌の老化のスピードを抑える効果があるそうです。

アルツハイマー病に対しては、ブドウ糖を受け付けなくなった脳に、
ケトン体が栄養を運んでくれることで改善効果があるそうです。

中鎖脂肪酸が一番含まれているのは母乳、しかも初乳に
たくさんの量が含まれています。

食材の中では、ココナッツオイルに最も多く含まれています。

Img_20140521_193001_R.jpg

ココナッツオイルは、ココヤシの種の胚乳を絞って抽出した油で
その60%が中鎖脂肪酸だそうです。

25℃以下では、クリーム状ですが、25℃以上では透明な液体になります。

●ココナッツオイルとは・・

Img_20140521_193435_R.jpg

毎日使ってる油の代わりに、ココナッツオイルにチェンジするだけでOK。
バターの代わりにパンに塗ってもいいそうです。

水分が少ないので野菜炒めに使うとしゃっきとするそうです。
コーヒー砂糖のかわりに、バニラアイスにかける、
パンにバター代わりなど、買っておけば手軽に使えます。

注意点としては、バターと同じくらいのカロリーあるので
使い過ぎにはきをつけてくださいとのことでした。

スポンサードリンク