スポンサードリンク

ためしてガッテン 噛むことでダイエットや脳の活性化に お得な食べ方

ためしてガッテンは、脳と体を刺激する
「噛む」ことがテーマ。

噛むと脳が刺激を受け、ボケを防止すると言われ、
厚労省でも「噛ミング30」という啓発を展開中だとか。

咀嚼(そしゃく)健康法がひそかなブームで、
ダイエットや集中力アップの他、記憶力までもが
向上するというから、年代を問わず、噛む健康法を
実践すると良いですね。

寝たきりだった老人が、入れ歯を入れて噛むだけで、
意欲や記憶力が向上し、元気に歩けるようになったと
いう話は、たくさん聞きます。

入れ歯を入れないで柔らかい物しか食べないと
ボケてしまうと言うことも有名な話です。

噛むと、その信号は三叉神経という脳神経を通して脳へ
送られ、脳の中の運動、感覚、記憶、認知、意欲にかかわる
部分が活性化するそうです。

最近では、噛むと脳の前頭全野、海馬、運動野、感覚野の
ほか、線条体をも刺激すると言うことが分かってきました。
線条体は、刺激するとやる気や意欲がでる部分です。

噛むことが、なぜ脳に良いのか、だんだんと解明され
つつありますね。

また、アルツハイマー型痴呆症と残された自分の歯の
数とは深い関係があるようです。

歳をとっても、自分の歯が沢山残っている人は、痴呆症に
なりにくいそうです。歯で噛むことは本当に大切なんですね。

噛むと言うことが、いかに大切かよく分かりますね。

また、おなじ食べ方にも、噛むパワーがアップする方法が
あるのだとか。お得な食べ方も紹介されます。

脳を刺激するお得な食べ方は、たくさん噛むことです。

たくさん噛むことが難しい場合は、大きなスプーンを
小さなスプーンに変えることだそうです。これで、
同じものを同じ量食べても、1.5倍も噛む回数が
増えるそうです。

とにかく、良く噛むことが、やる気と意欲につながります。

スポンサードリンク