スポンサードリンク

食べても脂肪が減る食事法 ゆっくりよく噛んで食べる NEWSアンサー

食べたいのに我慢するダイエットはとてもつらいですよね。
食べたいものを食べたいだけ食べても痩せることが出来たら
こんなに幸せなことはありません。

そこで、NEWSアンサーで紹介されていた食べても脂肪が減る食事法を
ご紹介します。それは良く噛んでゆっくり食べる事。

よく噛んでゆっくり食事をすると食後にエネルギーを多く消費し、
ダイエット効果が高いことがわかりました。

以前から、早食いや丸飲みは太る元と言われてきましたが、
科学的に立証されたようです。

ch005c-s.jpg

平均年齢25歳の男性10人に300キロカロリーの食事を摂ってもらい
食前20分から食後90分までの酵素摂取量を測りました。

出来るだけ早く食べた場合、エネルギー消費量は
平均0.4キロカロリーだったのに対して、出来るだけゆっくり食べた場合
10キロカロリーと、0.6キロカロリーの差がありました。

これを1年間の食事に換算すると、1万1000カロリーの差になり、
なんと脂肪1.5キロに相当すると言います。

単純に考えると、同じ量でもゆっくり食べると自然と痩せていく
ということになりますね。また、ゆっくりよく噛んで食べると
満腹感も得やすく、食べる量も自然と減ると言います。
ゆっくりよく噛んで食べると痩せると言うのが裏付けられましたね。

スポンサードリンク