スポンサードリンク

時計遺伝子ダイエット 食べても痩せる たけしのみんなの家庭の医学

時計遺伝子ダイエットと言う言葉、初めて聞きました。

時計遺伝子を活性化させると、食べても痩せることが
できるそうです。この時計遺伝子を活性化させると
記憶力や体力が回復するのですが、これは、ダイエットにも
活用できるというからびっくりです。

結婚式が間近なのに、ウェディングドレスが入らないという
花嫁さんが、時計遺伝子ダイエットを実践して、1か月後の
結婚式にはそのウェディングドレスを着ることができました。

その方法、知りたいですね。

それは、3食を正しい時間にたべること。

番組で紹介された女性は、朝食だけで、700キロカロリーも
摂っていました。これで1日のエネルギー代謝が逆に活発に
なるそうです。

昼食は、温泉卵のせ焼きそばなど400キロカロリーほど。

3時のおやつは、ドーナッツとストレートティーなど
甘いものを摂ります。これには、びっくり。

2時から3時は、1日のうち一番脂肪を体に取り込まない
時間だと言うから、3時のおやつは理にかなっています。

夕食は、いつもの時間より4時間も早く取ります。
つまり、寝る前には、カロリーは取らないこと。

これが、時計遺伝子ダイエットのポイントです。

これで、以前の倍のカロリーを摂ったとしても、
時計遺伝子ダイエットにより痩せるということです。

スポンサードリンク