魔法のゴロワード 漢字が一瞬で覚えられる 世界一受けたい授業 

難しい漢字が一瞬で覚えられたらどんなにいいか・・・
読めるけど書けない漢字がたくさん私にとっては、この
魔法のゴロワードは、必見です。

最近字を書く機会がめっきり経て、パソコンや携帯電話で
ばかり文字を売っているので、特に漢字が書けなくなって
しまいました。

benkyo.jpg

そんな人がおおいのでは?世界一受けたい授業は、そんな
読めるけど書けない難しい漢字をゴロを使えば簡単に
覚えられうようです。

受験勉強で、年代などをゴロで覚える方法は、結構やって
いましたし、今でも、電話番号などを覚える時は、ゴロを
使っていますが、さすがに難しい漢字を覚えるのにゴロを
使ったことがありません。

世界一受けたい授業では、現役高校国語教師・根本浩先生が
難しい漢字を覚えるゴロを紹介してくれます。

例えば、「葡萄(ぶどう)」。これは読めるんですが、
書けない人が多いのでは?

葡萄を覚えるゴロは、「サクサク浦和で缶拾い」だそうで、
何となく分かりますね〜

また、「藁(わら)」と言う漢字のロゴは、「草の下の高木ブー」
だそうで、草かんむりの下に高木と書いて、「藁」となります。

こうやって覚えると、漢字を覚える作業も楽しくなりますね。
中高年になると、どんどん漢字を忘れて、自分の記憶力の低下に
悲しくなりますが、「魔法のゴロワード」で遊びながら
覚えたいと思います。

スポンサードリンク