スポンサードリンク

立食パーティー の 基本 と 作法

パーティーシーズンになりましたね。
友人の 披露宴 や 同窓会 、 レセプション や 壮行会 、年末は、 忘年会 や クリスマスパティー もあります♪

レストランのテーブルマナーは自然とできる方が多いと思いますが、立ったままの 立食パーティー は、意外と無作法なふるまいをしているかもしれません^^;

まずは、自分のグラスの見分け方。

立食パーティー の場合、テーブルの上の自分のグラスが、他と紛れやすいので、グラスマーカーを利用するといいですね。

イニシャルタイプもありますので、自分のグラスがすぐに分かります。

会場のイスは、ご年配や身体が辛い人のためのものです。
イスに荷物を置くのは、厳禁です。

立食では、使うお皿は、3枚が目安です。
これは、私、知りませんでした^^;

次々に新しいお皿を使うのもNGですが、同じお皿をずっと使い続けるのもNGです。
同じお皿を使い続けると、傍目に見苦しく、味も混ざってお料理もおいしくありません。

基本的には、自分が好きなものを食べられるだけお皿に取りますが、目上やお年寄りには、「何かお持ちしますか?」など、声をかける配慮もあるといいですね。

立食形式 の特徴は、自由に会場を行き来できることです。
料理も楽しみですが、初対面の方とも積極的にお話し、交流を持つことが大切です。

このような立ち振舞いは、必ずどこかで見られています。
あなたに一目ぼれ、なんて方がいるかも知れません。
恋愛のチャンスは、どこにあるか分かりませんね。
マナーを身につけて、心身ともに美しい女性になりたいものです。

スポンサードリンク