スポンサードリンク

やせ体温 は 36.5度 低体温は痩せづらい

体温が下がると、脂肪がつきやすく、老化スピードがアップするって知っていますか。
やせ体温 は、36.5度なんです^^

日本人の平均体温は、わきの下で測った時、約36.8度とされています。
しかし、最近では、35度台の低体温の女性が増えています。

体温が1度さがるだけで、代謝が12%、免疫力は37%落ちることが分かっています。
つまり、体温が下がると、太りやすく、病気になりやすいってことです。

体温は、健康はもちろんのこと、美容・ダイエットにとっても、重要なポイントです。

36.5度の健康な体温のときは、免疫力も強く、肌のつやも良いですね。36度になると、むくみや冷え症などになりやすくなります。
35.5度のような低体温が常に続くと、排泄機能が低下したり、自律神経が乱れたりします。
アレルギー症状も起こりやすくなります。

そこで、健康的な体温36.5度にするには、汗がたっぷり出る入浴が簡単な解決策です。

このように、体温を上げる入浴法を続けていると、血行が良くなり、汗が出やすい体質になり、平熱も上がってきます。

ただ、熱いお湯に入れば、汗も出て、体温も上がりますが、これは平熱を上げるまでの効果はないようです。

実は、「 温冷交代浴 」が効果あるんです。
温冷交代浴 とは、「温かい」と「冷たい」を交互に繰り返す入浴法です。

まずは、シャワーで温かいお湯をかけ、表面の汚れを取ります。これで、体を温める準備もできます。

うっすら汗をかくまで10分ほど湯船につかります。

その後、体を洗い、また5分ほど湯船につかります。この2回目の湯船タイムのときに、顔のマッサージなどをするといいですね。

また、洗いタイム。その後、5分ほど湯船タイム。
この最後の湯船タイムのときは、体が温まっているので、汗が出やすくなります。こうなれば、体温アップ入浴法も成功です。

最後は、仕上げのシャワーです。
冷たいない程度の水とお湯を交互にかけます。
最後に、水を浴びると湯ざめ防止になります。

この「 温冷交代浴 」で、やせ体温36.5度にトライしましょう。

また、せっかく上げた体温を下げないために、入浴後はちょっと気遣って^^

お肌には、ボディークリームなどで油膜を作り、熱を下げないように、
足元は、ソックスなどを履いて冷えないように、
温かいハーブティーなどで体の中から温めて、水分補給にもなります。

では、よいバスタイムを(^^♪

スポンサードリンク