スポンサードリンク

顔 の ゆがみ の原因は、 右脳 と 左脳 の使い方で決まる

顔のゆがみや、パーツのアンバランスは、脳の使い方が偏っているから、
と教えてくれたのは、あの魔女たちの22時にも出演した美容家吉丸美枝子さんです。

顔は、脳を覆っている部分で、一番近い場所にある、いわば脳の突起物だとか。
だから、右脳と左脳とどちらか一方ばかり使っていると、その影響が顔に出てしまうそうです。

吉丸美枝子さんが、何千人と言う顔を見てきて分かったことですが、たとえば、右脳ばかり使っている人は、顔の右半分が引き締まって、イキイキし、左半分は、ゆがみやたるみが出るそうです。

右脳派か左脳派かは、育った環境や生活習慣などで決まってくるけれど、絶対に変えられないことではないそうです。

使われずに衰えてしまっている側の脳も、バランス良く使って活性化させると良いと言うことです。

では、自分は右脳派?左脳派?

一般的に、右脳派は、感情やひらめき優先の「直感型」と言われています。

芸術家や天才にも多いと言われ、感受性豊かで、アイデアやひらめきに優れているのが特徴です。
言葉より図や絵で理解するタイプ、感動家で女性らしい一方、細かい理論や筋道だった考えが苦手な人が多いです。

左脳派は、物事を理屈で考えがちな「理論型」と言われています。
言語をつかさどる左脳は、物事を理論的にとらえ表現するのが得意です。
数学にも強く、理系的な役割を果たし、どちらかと言うと、男性的な傾向にあります。
リーダーシップがある半面、理屈にこだわり、感情を上手に表に出せない傾向にあります。

自分が、右脳派か左脳派か、分かれば、それと反対の脳を使うように努力すると、均整のとれた顔立ちになるというのが、吉丸美枝子さんの美容のセオリーです。

スポンサードリンク