スポンサードリンク

アロエベラ で 腸 と 肌 の 若さ を保つ

アロエベラ は、食べても、肌につけても 効果があるんです。

冬は、寒さと乾燥で肌の老化が一気に進みます(>_<)

アロエベラ には、美しさと健康を維持する成分が多く含まれているんですね。
アロエベラ は、腸内環境の働きを整える働きをします。

腸が老化すると、腸内の善玉菌が減り、悪玉菌が増えます。
悪玉菌は、有害物質を発生させ、これが血液に乗って全身をめぐると
過度の乾燥や、老化を引き起こすと言うことです。

アロエベラ の ヌルヌル は、善玉菌の餌となり、腸内環境を整えて、
有害物質の発生を抑制するため、肌トラブルの改善につながります。

また、抗炎症作用があるので、軽いやけどやけがに葉肉の ヌルヌル を
直接つけると、回復を早めます。

食べてよし!塗ってよし!の アロエベラ をもっと活用しましょう。


アロエベラ 小苗 15〜16センチ ビニール鉢入り

アロエベラ の栽培は、比較的簡単です。

と言うことで、 アロエベラ の活用方法です。

苦いと思われるのは、キダチアロエです。
アロエベラ は、わずかな苦味はありますが、ほとんど無味です。

おススメは、 アロエベラ の炒め物。
炒め物の具剤に アロエベラ を足してください。
片栗粉の役目もします。

でんぷん質でとろみをつけると、カロリーが高くなるので、 アロエベラ を
利用すると、カロリーも抑えられます。

グレープフルーツジュースに、皮をむいて3ミリ角程度に細かく切った
アロエベラ を入れて、良く混ぜて飲みます。
とろみがついて、おいしくなります。
リンゴジュースでも良く合います。

スポンサードリンク