スポンサードリンク

かっさ ( 刮痧 ) の 小顔 効果

かっさ は、鍼灸などと同じで、中国の伝統療法の一つです。
かっさ は、2500年の歴史を持つ、東洋の デトックス です。
中国で かっさ は、身体の邪気を払う石として知られ、あの西太后も、この石でお手入れしていたとか。

かっさ は、翡翠や水牛の角、緑玉石などでできているものが多いです。
この かっさ で経絡に沿って皮膚をこすり、毛細血管を圧迫して、軽い内出血を起こし、滞った血を血管から追い出すというが、かっさ マッサージ です。

この かっさ マッサージ は、 リンパ や血液の巡りを良くして、むくみや凝りを取り、身体を元気にします。

かっさ 療法は、 小顔 が目的でも、背中から施術します。

まず、かっさ を使って、背中の凝っているところをほぐしていきます。
背中が赤くなるのですが、この赤みを「 痧 (さ)」と言います。

この赤みから、どこが調子悪いのか判断できるそうです。
人によって、きれいな赤だったり、濁った赤ムラサキだったりします。
背中の赤みは、3日くらいで取れるようです。

かっさ を使うと、ハンド マッサージ より、より深いところまで届いて、ピンポイントでコリをほぐすことができます。

背中が終わると、いよいよ顔です。
顔の かっさ は、石の重みだけで軽くスリスリとなでていくので、赤くなりません。

一通り終わると、顔色も良くなり、キュッと締まるそうです。

背中のコリが、気付かぬうちに、顔の形や表情まで変えてしまっているんですね。
顔のコリは、まずは、背中からっていうのも不思議ですが、 リンパ や血液は、体中をめぐっているので、治したいところだけを マッサージ しても効果が無いのは納得できます。

お値段は、場所によって色々ですが、相場は、90分10,000円〜15,000円くらいでしょうか。

中高年は、一度はやってみたいマッサージです。

スポンサードリンク