スポンサードリンク

むくみ を取って ワンサイズ ダウン!

むくみ は、細胞間に水分が溜まるのが、原因で起こります。

細胞から出た老廃物を含んだ水分が、血管やリンパ管にうまく回収されないと、水分が細胞間に溜まってしまうんですね。
これがむくみとなって身体に現れます。

むくみ は、病的なものと、生活習慣を変えれば治る むくみ があります。

朝、寝起きの顔が むくんで いたり、夕方脚が むくむ のは、病的ではありませんが、むくんだ 場所を押しても凹んだまま元に戻らないようであれば、腎臓や心臓の病気である可能性もあるので、必ず受診して下さい。

病気以外の むくみ は、 リンパ の流れの悪い状態ですので、老廃物が溜まりがちです。
それを放っておくと、太ったり、冷え症になったり、 セルライト ができたりと、美容上望ましくありません。

むくみ にも、色々なタイプがあります。

むくみ は、水分の摂りすぎ、または摂らなすぎで起こります。
また、運動不足、冷え、塩分の摂りすぎ、お酒の飲みすぎ、睡眠不足 からも起こります。

生理前にも むくむ 場合があります。
生理前には、黄体ホルモンと言う女性ホルモンが分泌されるのですが、黄体ホルモンは水分をため込む作用があるので、これは致し方がありません。
しかし、生活に支障をきたすほどむくむときは、月経前(生理前)困難症(PMS)の場合もありますので、婦人科を受診しましょう。

適度な運動や入浴で血行を良くし、お酒や塩分を控え、規則正しい生活を心がければ、 むくみ は、改善します。

特に、運動不足で脚の筋肉が衰えると、 リンパ や血液を押し流す力が弱まり、 むくみ やすくなります。
ハイヒールばかり履いている人は、ふくらはぎの筋肉が衰えて むくみ やすくなるので、要注意です。

また、むくみ太りの人は、1日に体重が1キロ以上も変わるそうです。
1日の体重の変動が大きい人は、 むくみ が解消されれば、すぐにサイズダウンも可能ですね^^

スポンサードリンク